通話ログシステム

zVoiceBook

AndroidスマートフォンにzSuperRecorderとzCloakServerをインストールし、Cloud管理する場合EvernoteかDropboxをインストールする事で、完璧な通話録音Cloud管理システムが構築できます。

DropboxをGroupで共有する事で、それぞれの端末毎のフォルダーに録音ファイルをアップロード出来るので混在することもありません。

またEvernoteを共有すると完璧な通話ログシステムの構築が可能です。

zSuperRecorderをよくダウンロードしている業者は不動産関係など比較的高額な金額を取り扱う業者様や、契約関係を電話でやりとりする業者様が多いイメージです。

証券会社は通話録音が義務づけられていますが手数料が低くなった昨今、通話録音システムに高額な費用をかけられないとおもいます。

Evernoteの場合、容量無制限ですが一ヶ月のアップロード制限があるので適宜容量の購入やビジネスアカウントでの登録を行って下さい。(Evernoteの無料アカウントでは一ヶ月60MB制限です)

下記はDropboxのフローですが、Dropboxを利用する場合ファイルのバックアップとしてご利用下さい。
通話ログ的な使い方は専用のzVoiceBookかEvernoteが便利です。

Dropbox 通話ログ管理システム

Dropbox 通話ログ管理システム

それならzSuperRecorderとzCloakServerで一度お試しください。

完全無料で永久に試すことも可能です。

その場合、zSuperRecorder3daysをご利用下さい。

※zSuperRecorder3daysと製品版の違い
端末にファイルを保存出来る期間は3日(自動削除されます)
通話録音の保存形式がWAV固定(ボイスレコーダーは6種類)
リストのカレンダー表示が無い
デザインの変更が出来ない
Cloud送信結果をリストに反映しない
それ以外の制限はありません。