完全暗号化の通話ログシステム

暗号化定番のアタッシェケースWindowsに派生ソフトのアタッシェケース for java互換のAES256bit暗号化機能を実装しました。

java版のAttachecase.jarをライブラリとして取り込んで、zSuperRecorderとzCloakServerで利用出来る様にしました。
録音終了後、zVoiceBookへアップロードして、端末内のアーカイブファイルを削除してしまいます。

これにより、Cloud上でもファイルは暗号化されており、端末内も暗号化されたファイルしか残りません。

Cloud上のファイルは定番ソフトのアタッシェケースをインストールして復号して利用可能です。
また、Android版のアタッシェケースも派生アプリとしてPlayStoreからダウンロード可能なので利用して下さい。
但し、端末内の暗号化ファイルはzSuperRecorderのリストからであれば、そのまま自動で複合して再生可能です。

録音直後にしかアーカイブしたファイルは存在していないので、万が一ファイルが流出しても解読出来ないレベルの暗号化ファイルなので安心してCloud上でも管理可能です。

データの流出が避けられない昨今、データ自体を無意味な状態で保管出来るので安心です。

また、現段階ではパスフレーズでの復号処理ですが、パスワードファイルでの暗号化、複合化にも対応予定です。

暗号化ファイルをUSB等に入れて別管理しておけば、まず、解読されることは無いでしょう。
逆にそのUSBを無くしてしまうと、本人のデータでも解読出来なくなるのでご注意下さい。

zCloakServerで利用したattahecase.jarについて

アタッシェケース(AttachéCase)
Copyright (c) 2002-2013, Mitsuhiro Hibara (http://hibara.org) All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
Neither the name of the “HIBARA.ORG” nor the names of its contributors may be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.
HIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE COPYRIGHT HOLDERS AND CONTRIBUTORS “AS IS” AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE COPYRIGHT HOLDER OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.